骨盤調整の重要性

骨盤調整 ひらやま整体院

骨盤の中心部にあり、背骨の土台となる「骨盤」を整えながら、
体全体の調整を行います。

「独自の検査法」によって、骨盤のゆがみ、あるいは
骨盤をゆがまそうとする「筋肉のアンバランス」を正確に
とらえ、足元で瞬間的骨盤を調整して症状の改善を図ります。

症状の原因の多くは骨盤のずれ、正確には「骨盤に結び付いた
筋肉群の緊張と弛緩のアンバランス」にあります。

骨盤のずれは何層にもなっていて、そのずれを薄皮をはぐように
何度も修正を繰り返すことによりの症状の根本改善につながり、
また施術効果を長続きさせるために不可欠になります。

骨盤と脳の関係

骨盤(仙骨)と脳の関係

脳と脊髄神経は「硬膜」という頑丈な膜に
覆われていて、その「硬膜」は脊髄神経と
一緒に背骨の中を下って仙骨に付着してい
ます。

つまり、脳と脊髄をすっぽり包み込んで
保護しているのが「硬膜」です。

ところが、骨盤がズレると、その
「硬膜」を不自然に引っ張ってしまい、脊髄
神経や脳へ過度な圧迫が加わってしまいます。

たとえば、最初に「めまい」の症状が表れてから、次第に歩けなくなった方の例です。

まず脳が圧迫を受けて「めまい」を引き起こし、その後、脊髄神経が圧迫を
受けて、下半身に異常が生じたのではないか、と考えられます。

人体の全ての機能は、脳と脊髄神経が司令塔となってコントロールしています。
骨盤のずれが放置されていると、このような重大な症状が
引き起こされることもあります。

骨盤調整で、脳と全身のつながりが改善されると、
様々なが症状が回復へ向かいます。

コメントを残す

このページの先頭へ