身体のゆがみについて

筋骨格系がゆがむと、どのような健康上の問題が生じるのでしょうか?

筋骨格筋

医学的には、筋骨格系のゆがみがあるとそれに
よって神経や血管が圧迫されて、痛みやしびれ
を引き起こすということが分かっています。

筋骨格系のゆがみを考える上で、特に重要なの
が背骨です。

脊髄から伸びる神経には、末梢神経と自律
神経があり、その自律神経はさらに「交感
神経」と「副交感神経」に分かれます。

このうち末梢神経には、脳の指令を筋肉へ
伝えて体を動かす働きと、皮膚などの感覚
を脳へ伝える働きがあります。

一方の自律神経は、身体を円滑に機能させる
ために日夜無休で働いている神経です。

活動時や日中に活性化する「交感神経」と、
休息時や夜間に活性化する「副交感神経」が
互いにバランスを取りあって、内臓を正常に
動かしたり、血圧をコントロールしたり、その
他の体の様々な働きを調整したりしています。

このように重要な働きをしている脊髄が圧迫されて、その働きが低下した場合、
痛みやしびれが発生し、動きが悪くなり、内臓の調子も悪くなっていきます。

この事からも、筋骨格系のゆがみが、私たちの健康に悪影響を及ぼします。

骨格がゆがむ原因

ゆがみだるま

 

背骨のゆがみは、「だるま落とし」で例える
と、積み木がずれているようなものです。

カイロプラクティックや骨格矯正系の整体
では、そのずれを整列した状態に戻すこと
に当たります。

 

 

当院でも、骨格のゆがみを重視しますが、骨格が筋肉で動く以上、
骨格のゆがみの原因が筋肉にあるという見解です。

ある骨が右にズレている場合、その右側の筋肉が緊張していて
そちらに引っ張っているか、逆に左側の筋肉が緩み過ぎていると
いうことになります。

当院では「緩み過ぎた筋肉を適度に緊張させて、緊張し過ぎた筋肉を
緩める」ことによって、骨格が正しい位置に収まるように促します。

筋肉に働きかけるといっても、マッサージや指圧のように、
押したりもんだりすることは行いません。

当院では、骨格のズレ・ゆがみということではなく、
「その方向に骨を引っ張る筋肉のアンバランスがある」と捉えています。

骨をズラそうとする筋肉の緊張が、神経や血管を圧迫して、身体の不調を
生み出していきます。

当院では、「筋肉は息を吸った時に緊張し、息を吐いた時に緩む」という
自律神経の作用を利用した施術を行っています。

コメントを残す

このページの先頭へ