椎間板ヘルニアの特徴

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの仕組み

椎間板ヘルニアという単語を多くの方が症状/疾患名として理解を
されていると思います。
ですが、実は「椎間板」と「ヘルニア」は別々の意味を持つ単語で
す。

○椎間板

ヘルニア

椎間板とは背骨を構成する1部分です。
背骨という骨は1本の骨でできているわけではありません。
椎骨と呼ばれる小さなパーツが24個積み木のように積み重なって
成り立っています。

椎間板とはその背骨を構成する24個の「椎骨」の間に挟まっている
ブヨブヨしたクッション材です。

骨と骨が直接こすれると骨が傷つき、激痛が走りますので、椎間板
が間にクッション材として介在する事で、骨同士の接触を防ぎ、ま
た背骨にかかってくる負荷をうまく吸収しています。

加齢と共に柔軟性が衰える椎間板

若い椎間板は水分を多分に含み、柔軟性に富んでいますが、加齢と
ともに水分が飛び、柔軟性もなくなり高齢になればなるほど、背骨
を傷めやすくなるのです。

○ヘルニア

ヘルニア

ヘルニアとは「突出した状態」を示す言葉です。
つまり、何かしらの物質を指す言葉ではなく、あくまで「状態」を
指し示す単語となります。

「椎間板」が物質を示す言葉で「ヘルニア」が状態を指し示す言葉
です。

椎間板ヘルニアとは正に「椎間板がヘルニアになっている状態」を
指している症状なのです。

これが椎間板ヘルニアと呼ばれる状態の仕組みです。

つまり、背骨を構成している椎骨の間に挟まっているクッション材
である「椎間板」が主に後方に突出してしまっている状態になった
のが椎間板ヘルニアなのです。

しびれの発生の仕組み

では、どうして椎間板ヘルニアのしびれが発生するのか。
それは「ヘルニア」が飛び出す先に問題があります。

背骨には脳から身体の各部位に伸びる脊髄中枢神経が走っており、
背骨を正に縦断しています。
そしてヘルニアが起こるのは主に椎骨の後方です。

そう、まさに脊髄中枢神経に向かってヘルニアは発生してしまうの
です。

虫歯治療で多くの方が神経痛を経験されているかと思いますが、神
経痛は神経に接触するだけですぐに発生します。

傷つかなくても、「接触だけで」です。

その為、ヘルニアによって脊椎の後方から脊髄中枢神経に向かって
飛び出した椎間板(正確に言えば髄核と呼ばれる椎間板内側の組
織)が脊髄神経根に触れた瞬間に「ビリ!!!」と神経痛が走ります。

これが椎間板ヘルニアによって引き起こされる神経痛の仕組みで
す。

椎間板ヘルニアの特徴

多くの場合、椎間板ヘルニアの症状は前屈によって引き起こされま
す。

ですので、「しびれが走る」「特定の姿勢で神経痛が起こる」「前
屈の姿勢で特に起こる」「直立姿勢はとても楽」といった場合には
それは椎間板ヘルニアの可能性がとても高いといえます。

肩こり 腰痛 頭痛 冷え症 O脚矯正なら

【広島市佐伯区の無痛整体マッサージ】 ひらやま整体院

ひらやま整体院 エキテン!口コミサイト

ひらやま整体院 フェイスブックページ

ひらやま整体院 予約状況

ギフトカード販売 ~大切な方へ健康と癒しをプレゼント〜

整体研修生募集

〒731-5128
広島県広島市佐伯区五日市中央5-4-34ボナパルト五日市102

広電バス停千同橋から徒歩4分

[五日市中学校正門 造幣局広島支局近く (株)トーワ興産さん隣]

月~土、祝日:10:00~20:00
定休日:日曜日、その他指定日

<完全予約制 1日8名様限定>

TEL 082-577-4220
携帯 080-3367-2329
LINE無料電話
「ホームページをを見て…」とお気軽にお電話ください。

施術中などで電話に出られない事があります。
留守番電話の場合は、お名前、電話番号、メッセージを残して
いただければ、時間が空き次第折り返しご連絡いたします。

お電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ