冷え性

冷え症冷え性 女性 冷え症は、万病の元と言われています。血液の流れが悪くなり、手、
足、腰、おなか、内蔵などがいつも冷えていることをいいます。

冷えの感じ方は個人によって違います。ほてっているのも冷えで
す。。ほてっている状態とは、手足が冷たいのに身体が熱くなる、
顔だけが熱い、極端に汗をかくなどを感じた時です。

ご自分ではなかなか気づきにくいので、注意しましょう。

あらゆる病気、不調など生命を左右する病気を含めた万病が冷えを
根本的な原因として起こっています。

冷えの原因

衣類からの要因

特に女性に多いです。
最近はボディラインにピッタリとした服が流行っています。
窮屈な服は身体に圧迫をかけるということで、血液の流れが
悪くなります。
ゆるい服を着ている人。
きつい服を着ているひとでは、体温の上昇の仕方が違ってきます。

食生活の要因

身体を冷やす食べ物があります。
現代人がとても好んで食べるものばかりです。
例えば、ファーストフード、チョコレートなどのお菓子。
これらは陰性の食べ物といわれ身体を冷やす効果であるだけでなく、
血液をドロドロにし循環を悪くさせる効果もあります。

ー冷えと食べ物との関係

エアコン等の機器

人の身体は、その季節、温度、気候に対して体内温度調整する
機能があります。
しかし、クーラーや暖房の設備に頼りすぎていると、
神経機能が鈍ります。

いざと言う時に身体を暖める血液を送り込む命令を出す
自律神経がうまく機能しなくなります。

運動不足、筋力低下

運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くさせます。
また筋力が低下する事によってエアコン等に対する免疫力が弱り、
自律神経がうまく働かず、血管を収縮させる原因となります。

冷えの症状

冷えになると、手足が冷えるだけでなくさまざまな症状が出ます。
症状と照らし合わせ、自分は冷え性なのか?そうじゃないのか?と
いう事もしっかり認識する必要があります。

冷えは、足元から次第にお腹→生殖器→肺へとその障害が
上がっていきます。

冷えによる代表的な症状です。

【消化器系の症状】
にきび、しみ、吹き出物、アレルギー肌、肌荒れ、口内炎、
胃腸障害、内蔵下垂、便秘、宿便、下痢、軟便、腹鳴、
腹部膨満、痔、脱肛、じんましん、慢性皮膚炎、腰痛、
腰痛からくる肩こり/膝痛、倦怠感、疲れやすい

【生殖器系、腎、副腎、泌尿器系の症状】
腹部うっ血、(冷えのぼせ)、冷え症、婦人病、不妊症、
肥満、腎臓病、尿道炎、精力減退、不感症、神経痛、
リウマチ、アレルギー体質、夜尿症

【呼吸器系の症状】
頭痛、頭重、うつ症状、肩こり、血圧異常(最低血圧が高い)
アレルギー性鼻炎、風邪をひきやすい、咳、ぜんそく、
気管支炎、慢性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、冷房病、
しもやけ、全身/局所の寒冷頭痛

ー冷えのタイプ別分類

ー冷えは女性に多いのはなぜ?

冷えが身体に与える影響

冷えることによっておこる影響は、大きく分けてさ
次の3つに集約されます。

1、自律神経の動きが狂う。

2、血行が悪くなる。

3、免疫力が低下する。

これらの影響が複合してさまざまな症状や病気となります。病気や
不調の人は必ず冷えを持っているといっても過言ではありません。

当院では、さまざまな症状、病気を回復するうえで冷え取り健康法
をおすすめしています。

ーおすすめ冷え取り健康法

冷え性にはこんな施術をします

当院の無痛整体は、リラクゼーション効果の高く、とても気持ちのいい整体です。
子供、女性、妊婦さん、ご年配の方にも安心してご利用いただけます。

呼吸による「緊張」と「弛緩」の原理を用いて、外からのやさしい揺れにより
心身の歪みと緊張を解き、気の流れを整えてあなたが持っている治癒力を
活性化させていく独特の療法です。

また、「特定の臓器」から全身の緊張を緩和させ、症状を改善させたり、
エネルギーワーク(気功法)的な発想で、冷え性の症状の改善を図ります。

分からないことは何でもご相談ください。

※無痛整体では、あん摩、指圧、マッサージ、鍼灸は行っておりません。
※各種保険は、ご利用いただけません。
(自費での施術になります。)

 

お気軽にご連絡ください

ご不明な点、ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください。

ご予約は

このページの先頭へ