私が開院した理由

身体が弱かった幼少期

1976年(昭和51年)6月26日、

兵庫県尼崎市で生まれ、広島県広島市で

育ちました。

幼少期は、体力もなく身体が弱くて、高熱がでる風邪を よく引いていました。

また、小学生低学年からアトピー性皮膚炎がひどくなり 薬での対症療法や各種民間療法などで対処していました。

両親をとても心配させていました。

 

人生初の入院を経験

高校生になると体力もつき(人並み以下ですが)、
アトピー性皮膚炎も徐々に治まってきました。

高校ではテニス部に入部。
毎日部活を楽しんでいましたが、高校1年の冬に
突然の全身むくみに襲われました。

病院に行くと急性腎炎だと言われ、即入院。

2ヶ月の入院で無事退院できましたが、要安静のため
卒業まで激しい運動はドクターストップに。

部活を断念することになり、とても悔しい思いをすると
共に、健康のありがたみを実感しました。

 

人生初のぎっくり腰に

高校卒業後、海上自衛隊入隊。
ドクターストップも解除されて運動もできるように なりました。

入隊時、航空隊希望でしたが視力検査で引っかかり艦船勤務に。

艦船勤務となり腰痛持ちに。

 

艦船内は、非常に狭くて出入り口の階段も非常に
角度があります。

重量物を無理な態勢で搬入中、腰にズキッ!と激痛が走り、
自力で立てなくなりました。

初めてのカイロプラクティック

落ち着いたあと、先輩の薦める
カイロプラクティック院へ。

初めての治療院を経験。

 

とても不安でしたが、矯正してもらうと普通に
歩けるように回復。

魔法のようでした。

除隊して夜間専門学校へ

その後、年に何度か腰痛になるたび、
カイロプラクティック院や整体院でお世話になるうちに 整体技術を学びたいという想いが強くなりました。

任期満了を機に海上自衛隊を除隊後、広島の 村上整体専門医学院整体基礎本科 夜間部(2年制)
に入学。

昼間、ガソリンスタンドや学校OBオーナーの
整体マッサージ店でバイトしながらの通学。

解剖学や病理学等の基礎医学など覚えることが
多すぎて大変でしたが、毎日新しい発見があり
人のからだについて学ぶことは楽しく感じました。

苦労の連続

卒業後、学校OBオーナーの整体マッサージ店で
働くことになります。

施術技術や接客技術や店舗運営など、
オーナーのように上手くいかず、言われたことが
なかなかできずよく怒られました。

とても悩んで、苦労の連続でした。

 

理想の方法に出会えて

うつぶせ 施術のコピー

学校OBオーナーの整体マッサージ店、

温浴施設内のリラクゼーションサロンに

勤務中、自分にとって理想な整体をずっと

模索していました。

 

自分の身体のケアと勉強を兼ねて様々な

整体院、療術院、カイロプラクティック院

に通いました。


そこである療法と出会いました。

それが、今行なっている自然療法です。

 

「やっと、理想の方法に出会えた」

 

と感じ、研修に参加しました。

平成23年5月30日、ここ佐伯区でこれまでの
ご縁に感謝しながら自分のめざすべき本物の整体をま
追求するために開院しました。

錬成会や練習会などに参加し様々な症状に
対応できるよう日々勉強を続けています。

 

本気で向き合います

現在も変わらず、当時の志を持って患者さんの
痛みと不調と本気で向き合っています。

あなたのお役に立てるように日々精進して
努力を続けていきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました

このページの先頭へ